各種お問い合わせ・ご相談

TEL: 0194-66-2121

〒028-7917 岩手県九戸郡洋野町種市57-109

東長寺0 東長寺1 東長寺2 東長寺3 東長寺4

秋峰山(しゅうほうざん) 東長寺(とうちょうじ)について

宗旨・本山

曹洞宗(禅宗)。本山は、福井県・永平寺 横浜市・総持寺。

東長寺の概要

開山は、寛永7年(1630年)と歴史ある寺院です。(鞭牛和尚の初住職の寺)

城を中心に栄えた地

岩手県洋野町(旧種市)の中心部から約10キロ山間部に入った城内地区。 地名が示すように、ここに城内がかつて城を中心に栄えたもと「種市」であり、 歴史と文化の発祥の地です。

古来からの馬産地、戦国末期に種市中務(なかつかさ)が種市城を構え、 戦時にたてこもる山城(町文化財)もありました。

城内には、城にちなむ地名も多く、城主の飲み水をくむ井戸があった「御前水(ごぜんみず)」、 弓や鉄砲の訓練場だった「的場(まとば)」、神楽を楽しんだ「神楽屋敷」などが 往時を彷彿とさせます。

豊臣秀吉の命により、南部氏領内の48城のうち種市城を含む36城が破却(1592年)され、 数十年後、城があった地に東長寺が開かれました。

いま、東長寺本堂の正面に立つと、右に大銀杏(いちょう)、総門が見え、参道沿いに 鎮守の熊野三社があります。

この大銀杏の「こぶ」に触ると、よくお乳が出るという昔からの言い伝えがあります。

種市氏代々の居住地(鞭牛和尚の初住職の寺)

本堂前の碑に次の寺歴が刻まれています。

秋峰山東長寺は、寛永7年(1630年)、宮古市津軽石瑞雲寺六世・本室壽宗大和尚を開山とする 曹洞宗寺院である。(略)

種市の名の由来は宝亀年間(770~780年)に見え、「種市六郎兼高は忠孝深く苗字をかたどりて 種市村を名つけたり」と、斗賀観音御縁起に伝えられる。

また、正安3年(1301)「安藤きぬ女家族書上」には、種市は九戸四門制の東門とされている。

南部氏一族の光房を祖とし、のちの種市中務は南部晴政公より種市村・蛇口村(現軽米町)等を賜り、 また、種市中務光徳も南部信直公より当村など600石を賜るとされたいる。

九戸政実の乱に際しては嶋森城を夜襲し、ついにこれを陥れ凱歌をあげるも、来襲を受け多数の 臣族および種市氏の縁者が落命した。

慶長19年(1614)、大阪冬の陣には南部利直公に従って参戦したという。

ここに種市氏の居城であり、多くの戦死者の菩提供養のために、この地に等寺が建立された由縁である。

盛岡藩街道改修で知られる鞭牛和尚は当寺四世住職である。江戸時代の初めは盛岡藩領であったが寛文4年(1664)からは八戸藩領となった。

宝暦13年(1763)、火災により本堂・庫裏等を焼失。竹林専輔・小林義房らが土地・建物を寄進・建築したという。

安永5年(1776)五世天霊和尚代に熊野神社の堂入魂供養をし、寺の鎮守として4月15日を法縁日と定めた。

その後、10世祐山和尚代に、本堂・庫裏等、威容を誇って再建され、学僧が絶えず十数人いたと いわれ修行寺として名高かったという。

明治4年、城内大火で類焼、一部の古文書・過去帳を残したのみで全て灰燼(かいじん)と帰した。 境内には杉の大木や大銀杏が往時の名残を留めている。

明治30年、18世雄禅和尚代に檀家を分けて新寺・東海寺が建立される。

現在の本堂は、戦後の困難な社会状況の中、檀信徒よく尽くし、18世雄禅和尚、19世法運和尚の悲願により 昭和34年、20世嶺仁和尚の代に建立されたものである。

平成10年、第45代南部利昭公揮毫の種市家門一族供養の報恩碑が建立されている。

東長寺の景観

東長寺本堂正面写真です

住職の紹介

住職の東井千明の写真です

修学歴

宗門歴

社会歴


Link

Top